読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマモジャ日記

雑記、書評、旅行、kindleおすすめ本、セール情報、食べ物、などについて綴ります。 

【防災の日】備えあれば憂いなし!防災としてのテントを考える&おすすめ防災テント3選

防災

今週のお題防災の日

今日は防災の日ってことで、防災について考えてみます。

※過去の防災記事
yamahito00.hatenablog.com

yamahito00.hatenablog.com

yamahito00.hatenablog.com


今回はテントについて考えました。

防災グッズにテントは必要なのか?


持っててもどこで張るの?

避難場所で張っても邪魔じゃない?

いろんな意見があります。

はたして防災グッズにテントは必要なんでしょうか?


今回の熊本地震では車中泊中に亡くなる人が相次ぎました。


なぜ車中泊をしたのか?

mainichi.jp

毎日新聞 避難者50人にアンケートによると、
理由として下記のことがあげられていました。


・屋内が怖いから
・プライバシーのない避難所がストレス
・避難所に行ったが、いっぱいだった
・避難所ではストレスがたまるし、持病があって硬いところで寝られない
・小学校の体育館に避難したが、天井の電灯が落ちてこないか心配になった
・3歳の子が迷惑をかけるし、生後4カ月の子に授乳もしないといけない


避難場所はあってもプライベートな場所を確保できないとつらい。

こういった理由から、初期の避難場所としては、体育館よりは車を選ぶ人が多かったみたいです。

そこでテントはどうだろうか。

心の余裕としてのテント

災害発生直後の初期避難としてテントが有効

状況によっては、収容避難所での生活を選べないことや、
空きがなく避難所に入りたくても入れないことがあります。
そんなときに「テント」という選択肢があると、
最低限、眠る場所は確保できるので気持ちに余裕が生じます。

テントは、就寝スペース以外に、着替えや授乳スペースとしても利用できるほか、
子どもの居場所としても活用できます。

車内泊で寝るのはつらいです。
テントは足が伸ばせます。

冬は防寒対策としても使えるんじゃないでしょうか?
真冬の体育館なんて恐ろしく寒そう…。

おすすめテント

選んだ基準は

・足が伸ばせる
・組み立てが簡単
・2~5人ほど入る広さ
・天井がある程度高い
・2万円以下

1.ドッペルギャンガー T3-30

DOPPELGANGER OUTDOOR 4-5人用 ワンタッチテント T5-31 紐を引くだけの15秒設営!  ファミリーにおすすめ

DOPPELGANGER OUTDOOR 4-5人用 ワンタッチテント T5-31 紐を引くだけの15秒設営! ファミリーにおすすめ

約15秒の簡単設営!ワンタッチテントです。
オレンジで目立っていいですよ。

2.FASTCAMP  Mega 5Persons

これもワンタッチ!
10秒以内で組み立てることができます。

3.ケンユー B00QM83Q50

これは完全に防災用!
設置もカンタンですが、約4.4㎡の空間を確保できます。
着替えなども楽にできそうです。

まとめ

季節や被災状況に応じて、状況も変わってきますが、
屋内にテントを張って生活するという選択肢を持っておくのは
個人的に賛成です!

物資の受け取り、情報交換など収容避難所の利点はそのままに、
プライベート空間をしっかり確保できます。

あとは体育館や公民館などは、床からの冷えが厳しいので、
マットや段ボールを敷いて断熱したり、寝袋があればばっちりですね。

最近また地震が多いです。
防災の日をきっかけに、ぜひみなさん心構えやご準備を!